Category Archives: 日本語

Posts in Japanese

End of the season stuff

As mentioned in the previous post, I’ve hit a snag in my post-season work. To fill in a little bit of that gap before the playoffs start on Saturday, I was curious about which players had the best offensive seasons in NPB this year.

To measure that in a fairly simple manner, I’m borrowing standard wOBA (weighted on-base average) from Tom Tango using the stolen base version.

Here are the leaders in the CL and PL. I’ve included how many road plate appearances each batter had and their road wOBA because some might think their numbers are the product of their home parks. I’ve limited it to players with a minimum of 450 plate appearances.

CL wOBA leaders

LeagueTeamNamePA2019 wOBARoad PARoad wOBA
CLCarpSeiya Suzuki612.423312.414
CLSwallowsTetsuto Yamada641.410325.390
CLGiantsHayato Sakamoto639.410320.373
CLSwallowsWladimir Balentien468.386223.425
CLBayStarsYoshitomo Tsutsugo557.384273.352
CLGiantsYoshihiro Maru631.380320.354
CLBayStarsNeftali Soto584.374293.338
CLDragonsDayan Viciedo594.356297.325
CLGiantsKazuma Okamoto628.351325.350
CLSwallowsNorichika Aoki565.350283.351
CLGiantsYoshiyuki Kamei503.345263.334
CLSwallowsMunetaka Murakami593.341306.308
Players with 350-plus PA and .340 wOBA or higher
LeagueTeamNamePA2019 wOBARoad PARoad wOBA
PLLionsTomoya Mori5730.4082770.423
PLBuffaloesMasataka Yoshida6100.4023100.419
PLEaglesJabari Blash5270.3762780.356
PLLionsTakeya Nakamura5570.3722800.413
PLLionsHotaka Yamakawa6260.3723150.367
PLLionsShogo Akiyama6780.3683400.358
PLEaglesHideto Asamura6350.3683360.365
PLHawksAlfredo Despaigne5190.3672520.349
PLFightersKensuke Kondo6000.3663130.368
PLLionsShuta Tonosaki6210.3633120.359
PLMarinesTakashi Ogino5690.3602920.363
PLFightersHaruki Nishikawa6510.3543330.346
PLMarinesSeiya Inoue5090.3472500.347
PLMarinesDaichi Suzuki6140.3453160.330
PLMarinesBrandon Laird5530.3402890.328
PLEaglesEigoro Mogi6480.3403390.372

May’s deserving players

A week from today, on June 9, NPB will announce its two leagues’ players and pitchers of the month. John Gibson and I have been debating about these recently. I’ve argued that whoever makes the selections has been doing a better job of late and that the selections have really improved to the point where they’re often pretty lousy. Gibson says they haven’t progressed that far.

The “player of the month” selection is still crap because the selectors still don’t pay any attention to runs, walks or defense, so it remains the “Triple-Crown Stats leader of the month award.”

The batters

Rather than make arguments for this player or that, I’ll simply present NPB’s best for May, sorted by OPS to save space. You can make up your own minds. I’m sorry but I’m only able to load screen shots in English and Japanese.

The starting pitchers

For the most part, the award goes to the pitcher with the best record among starting pitchers with three or more wins and one or fewer losses. With no suitable candidates among the starters, selectors have then looked for relievers with lots of saves and holds who allowed no more than a run or two.

Monthly saves leaders

Hold Point leaders

This table is sorted by “hold points,” which are the sum of holds and relief wins.

エンゼルス監督「大谷は開幕には間に合わないだろう」

ロサンゼルス・エンゼルスのオースマス新監督は12日(水)に、ラスベガスで開催されていいたウィンターミーティングで、大谷翔平選手について「大谷は開幕には間に合わないだろう」と話し、彼が野球界に与える影響についても語った。

「僕たちにも(二刀流を)できるのではないか」と思う若手のアスリート、野球選手は増えてくるだろう。その点で大谷選手が野球界に与える影響はとても大きなものになるだろう。」

ロサンゼルス・エンゼルスのオースマス新監督

膝の状態に懸念が残るプホルス選手がDHで出場することが予想されるため、大谷の打者としての出場は制限されるのではないか、という問いに対し、オースマス監督は「大谷は開幕には間に合わないだろう。よって、シーズン序盤ではプホルス選手をDHとして起用することができる。彼(プホルス)の一塁手としての起用頻度は、膝の状態を見ながら慎重にバランスを取る。」と語った。「大谷の肘を守り、2020年以降に投げられるようにしたい。彼は圧倒的な投手であり、万全な状態で復帰させたい。メディカルチームには今まで以上に注意してもらわなければならない。彼の復帰を望んでいるし、彼の打力を打線に加えたい。しかし、彼を打者として復帰させることにより投手としての復帰に悪影響がでないことが重要だ。現段階では彼をいつ打線に復帰させるかは未定だ。」

オースマス監督はエンゼルスの春季キャンプで大谷選手の打撃練習をみた時の印象を次のように語った。

「印象的なのは彼の打球の質だ。説明するのは難しいが、ミゲル・カブレラ選手の打球の質に似ている。両者とも凄まじいパワーがあり、逆方向にも打球を飛ばせる。彼らのような打者は少ない。もう一つ、大谷は守備につかないため見逃されがちなのは彼の走力だ。彼の足はとても速い。マイク・トラウトも速いが、大谷も同じくらい速い。両者ともリーグ屈指の走者だ。」とメジャーリッグトップレベルの選手と比較して大谷選手を絶賛した。ここ二年間大谷選手が怪我に苦しんでいることもあり、メジャーリーグにおける二刀流選手の是非については盛んに議論が続いている。オースマス監督は、大谷選手の成功が若手に与える影響について「大谷は誰も長い間誰も実現できなかったことをやろうとしている。彼の影響で二刀流を志す選手は今後増えてくるだろう。若手の中に『大谷ができるなら自分にもできるのではないか』と思う選手が出てくるだろう。その点で大谷選手が野球界に与える影響はとても大きなものになるだろう。」と語った。

英語の記事はここです。

翻訳:佐藤ケンタ